You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

ゲージ定規

初めての攻略記事、散々他サイトにもある
今回は基本中の基本「ゲージ定規」を覚えちゃいましょう!

ただ、これを使うには条件があって
解像度640×480しかできません。(これから紹介する方法では)

では早速画像を使って超簡潔に。
gjog.png

はい。もう見たまんまです。数字の単位はヤードです。
もう一度言いますが
・解像度640×480のみ
・最大限に拡大する

これによってゲージ定規が使用可能になります。
※追記
簡単に覚えたい方は0yから0.33,0.66,1.00,1.3,1.6と覚えてください。(精度は下がるけど)


要は1yずらしたいときはゲージの50%の線から左3本目の線の上をクリックすれば約1yずれます。
この時、ゲージ上をクリックするとショット画面に戻るのでゲージの上あたりをクリックしましょう。
そんでもって一回クリックするごとに再度拡大をした方がいいです。
グリーン傾斜がすごいところだと次のクリック時に誤差が出てしまいます。
動画を撮ってみたので参考にしてみてください。
ずらし例
ものすごい見にくくてすみません(汗)

まぁ横1mとかならこのゲージ範囲内でいけるかもしれませんが、強風になると何度も何度もクリックしないといけないですよね?
そこでハイきました。PJCのモカさん的ずらし方が役立ちます!
手順を言うと

�…例えば1y普通のゲージ定規でずらします。
�…そこからカメラをゲージ一つ目がカップの真ん中にくるように拡大・縮小します。
�…そうすると1ゲージ=1yになるって戦法。


図だと。
ゲージ定規(モカさん的)
初めに1yずらす。
そんでもって画像のように真ん中のゲージから1本目のゲージにカップの中央を持っていくよう拡大・縮小をする。(左右にずらすのではなくあくまで拡大・縮小)
そうしたら1ゲージ間が1yになって
強風時のずらしも簡単&地形による誤差が少ないことになります。

ただ、初めの1yずらしと拡大・縮小ずらしを少しでも間違えると微妙に誤差が大きくなります。
キッチリあわせた方がいいんじゃないんでしょうか?
ちなみに最初の1yをずらす時は真ん中からゲージ3本目の1,2ドットずれたところをクリックした方が正確かと思われます。


【応用編】
簡単に説明した動画を用意しました。
wmv 6.16MB
動画中にある「�ゲージ中心の1本目の線~」とありますが、
正しくは「�ゲージ中心からの1本目の線~」です。


動画で大体わかるかと思いますが、以下詳しい説明。
�まず距離に対する1mのズレ分ずらします。
アレです。その距離の横補正です。この部分はこのサイトでは説明しておりませぬ。他のサイト回るか、自分で調べてください。
�ゲージ中心からの1本目の線に合わせます。
これは動画で見てのとおりです。
�横風分の数値だけずらします。
ここが問題ですね。
動画ではちょうど真横3mだったのでずらし易かったんですが、3.3mとかだった場合ずらしにくいですよね?
ずらせることはずらせるんですが、誤差がでることがあると思います。
なんで、俺的にやるとまず3.3mを四捨五入します。てことは3mですね。
ということで普通に2ゲージ分ずらします。(1m分は最初にずらしているため、残りの2m分ずらすってことです。)
そしたら今横風3m分ずらしたことになりますよね?
残りの0.3m分ずらさなければいけないんですが、とりあえずここで普通のゲージ定規に戻ります。=一度完全に拡大します。
最初の�でやった距離に対する横補正の値を思い出します。(ここでは0.73とでもしましょう)
0.73を10で割ります=約0.07(ここはそこまで細かくしなくてもいいかと思います)
そんでもって残りの0.3m分ずらす必要がありますので、
この約0.07×3します。
ってことはあとは普通のゲージ定規で約0.21yずらせばいいんですよ。


もうなんだかわかんね!って人は上の標準ゲージ定規で十分と思いますがね。
自分は普通定規の方がいいかな~と思ったり。
てか普通の定規の方が入る確率が高い。
多分やり方が違うか、単に計算ミスか、最初のずらしを間違えているかなんでしょうがね。
慣れですかね?


参考になったならば是非拍手orコメントくだしあ!
以上!

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

    (copyボタンはIEのみ有効です)
« | HOME |  »